Naimonowaのブログ

百姓仕事と電子工作と路上観察

煙が(あまり)出ないものは

ウッドガスストーブ

 

f:id:Naimonowa:20180227104523j:plain

 空き缶で作ったウッドガスストーブ(TLUDストーブとも言う)で炭をつくることにした。二重の構造の内側の缶の上部に追加の穴が有る。そこから内側に入る加熱された空気でガス化した木材の成分が燃焼する仕組みだ。

 ちなみに外側の缶(コーヒーの缶)の直径は約10cm、内側の缶(トマト缶)の直径は約7.5cm。両方の缶は下部に空気穴が開けてある。

 一度火がおこると(この季節は)安定して燃える。

f:id:Naimonowa:20180227105300j:plain

 普通のウッドガスストーブとの違いは第3の缶が有ること。

 火が十分に回った後に外側に第3の缶(直径約10.5cm)を被せる。下は平らな敷石だ。こうして空気を断って、暫く放置する。

f:id:Naimonowa:20180227105540j:plain

 少しだが炭ができる。これは砕いて土壌改良に用いる。そのため、

燃やすのは建材などの端切れが混ざらない、自然の枯れ木を用いている。