Naimonowaのブログ

野良仕事と電子工作と路上観察

侮れないものは

畑の雑草

f:id:Naimonowa:20180719144114j:plain

 写真はメヒシバ(雌日芝)を抜いたところ。借りている畑は無農薬、できれば無肥料を目指していて、なるべく雑草も外に持ち出さないようにしている。

 ところが、写真のメヒシバは枯れた後に土の中でアレロパシー(他の植物の成長を妨げる)物質(アレロケミカル)を出すというのを知った。

 これまで、堆肥にしていたのは間違いだったのか!

 どうしたら良いのか答えを探している段階だが、取りあえず他の雑草と分けることにした。

f:id:Naimonowa:20180719144228j:plain

 こちらはメヒシバより力強い感じのオヒシバ(雄日芝)。ただし、メヒシバのように節から根が出てどんどん蔓延る力はない。また

f:id:Naimonowa:20180719144517j:plain

 写真のカヤツリグサもイネ科の雑草に似ているが、アレロパシーが有るのかどうか分からない。

 いまのところ堆肥にしても良いのは

f:id:Naimonowa:20180719144750j:plain

 ハキダメギク(ましな名前をつけてやりたい)や

f:id:Naimonowa:20180719145741j:plain

 夏の間はそのままにして日除けにしているスベリヒユ(食べられるらしいが試したことは無い)くらいかも知れない。