無いものは*作ろう+αのブログ

工作と自然栽培を目指す野菜作り

許してはならないものは(2)

有害昆虫の天下

 前回写真をアップロードした移植後のクリムソンクローバーの今の様子は

f:id:Naimonowa:20190430133711j:plain

 こんな感じで一部の苗は花を付けている(後ろは移動してきて今はさつまいもを保温している3月まで人参に使ったトンネル)。

 

f:id:Naimonowa:20190430174425j:plain

 気がつくと、蜜蜂だけでなくクリムソンクローバーのおかげでてんとう虫もずいぶんと増えた。

 てんとう虫の存在はても心強く、ソラマメの大敵であるアブラムシがクリムソンクロバーの隣の苗では全くみられないといううれしい結果となった。

 更には根粒菌のおかげでソラマメの成長自体も大きく助けられた。(写真の左側)

f:id:Naimonowa:20190430134703j:plain

 

 

寒さにあてないものは(3)

人参の種まきーその後

 種まきから3ヶ月近く経った人参の畝の本日の様子は

f:id:Naimonowa:20190419223754j:plain

 こんな感じで、なんとか7割程の植え穴で人参が育っているが、手前の二ヶ所の失敗が目立っている。これは、種を蒔いて鎮圧した後にした潅水の勢いが強すぎて種が流れてしまったのかも知れない。好光性種子で薄く覆土するため注意が必要なところで、次回の課題としたい。

 畝を被っていたトンネルは移動し、別な畝に植え付けた越冬さつまいものカバーにした。

 

変わらないものは(2)

春の訪れ

 季節外れの雪に見舞われたり、今年の春は寒さが身に浸みる。前回の冬蒔きトウモロコシもマルチが不充分だったせいもあり、2本を残して枯れてしまった。諦めずにもう一度やり直しているが、当初の目標から大幅におくれてしまった。

 そんなこんなで慌しく時が経ってしまったが、花見も何回かできた。

f:id:Naimonowa:20190413065029j:plain

 小雨も降り、春爛漫の景色ではないが、今年の春の思いでとして選んだ。

f:id:Naimonowa:20190413065317j:plain

 水面を見ると散った花びらで一杯だった。

f:id:Naimonowa:20190413065439j:plain

 もう一度別な角度の眺めをストーブにあたりながら参照したいと思う。

春まで待てないものは

トウモロコシの種まき

 桃の節句も過ぎて春の訪れはすぐそこまでとはいえ寒風が絶えない日和だが、待ちきれずに先月末にトウモロコシの種まきをした。

f:id:Naimonowa:20190308210403j:plain

 18個のセルに種を一つずつ蒔いて、17本の芽が出た。暖房のきいた室内に置いていたため、表面にカビが出た種もあったが、外の光を当て、以前にヨーグルトと黒糖と納豆で作った「えひめAI」(または「マイエンザ」)を薄めた液を注いで急場をしのぎ、葉が出るところまで漕ぎつけた。

 実は、「冬まきトウモロコシ」という雑誌の記事に従って昨年も早めの栽培をして2回目の挑戦だが、今年はうっかりして少し種まきが遅れてしまった。なぜこの時期にスタートするかというと、アワノメイガという大敵を避けるのと、昔なつかしい「黄もちとうもろこし」という種類で花粉が通常の品種に混ざるといけないという2つの理由が有るからだ。

 種まきの話はさておき、先月中頃に菜園で、同じように春が待ちきれないと見える小鳥を見つけた。

f:id:Naimonowa:20190308212858j:plain

 人懐こく、何度も作業を見にやってきて愛嬌を振りまいてくれた。

f:id:Naimonowa:20190308213019j:plain

 こういう「仲間」と触れ合うのも楽しみの一つだ。

許してはならないものは(1)

有害昆虫の天下

 2週間ほど前、時々チェックしているBBCニュースの記事の中で、綺麗な写真の下に「地球上の昆虫の減少でゴキブリとイエバエの天下になる」という見出しが有り、ショックを受けた。

 確かにライバルが居なくなれば、したたかな連中の天下だ。

 力を合わせてライバルを増やさなければならない。

 現実は残念なことに、「私は元気」の歌(さんぽ)のように林の生き物や虫を友達と思える人は減少の一途のようだ。子供たちの生活が自然から遠ざかる一方では期待のしようが無い。

 そんな愚痴ばかり言ってもしかたがないので、菜園で小さな努力をすることにした。

f:id:Naimonowa:20190225093723j:plain

 写真の畝は冬は日が当たらないので、4月にナスを植えるまで何も作れないのだが、かろうじて日照のある縁の部分に畝の間などに生えているクリムソンクローバーを少しずつ移植することにした。上手く根付いてゴールデンウィークの頃には赤い花で被われてミツバチ達の遊び場になって欲しい。

 

f:id:Naimonowa:20190226080230j:plain

 水さえやればプランタでも楽に育つ(マメ科なので窒素を固定する根粒菌としっかりタッグを組んでいる)ので、駐車スペースの横にも置いている。

 ところで、この蜂たちにも人間が脅威を与えている。(つづく)

閉まらないものは

食器棚の扉

 少し前の話だが、食器棚の扉が次々に勝手に開く状態になってしまった。地震が来たら食器が飛び出してしまう。見ると、食器棚の本体に固定されている筈の小さなマグネットが扉の側の鉄の小片に付いたまま一緒に開閉されている。

 これは何とかしなければならないが、ホームセンターで売っているマグネットは形が平らで見かけが全くちがう。そのタイプの品物に取り替えることもできなくはないが、ネジ穴をあけ直したりすると不格好になってしまう。もっと探せばどこかから入手できたかも知れないが、数も多く大きさが合わないと無駄になってしまうので気後れしてしまった。

 そこで、考えた挙句に磁石を固定している壷型の樹脂のパーツ(経年変化でどれもボロボロに崩れてくる)の割れが少ない一つの型をとって複製することにした。

f:id:Naimonowa:20190212104925j:plain

 問題は外側にネジ山が切ってあり、普通だと型からはずせないと思われることだ。型を左右に二分するときにネジ山がうまく分かれるための工夫が必要だった。たいした考えも出ず透明なプラスチック板で仕切りを作ってみたが、手間がかかった割には隙間だらけだった。

 f:id:Naimonowa:20190212143325j:plain

 それでも後はなんとかなると思い、水で溶いて菓子の小さなカップに満たしたセメントに型どりの材料を沈めて一日放置した。

 写真の左半分に新しく作る壷型のパーツの材料となる予定の百均で入手した「イロプラ」が写っている。「お湯まる」の方が有名だが、たまたまこれが店に有った。仕上がりはこちらの方が硬くなるようなので結果として良かった。

f:id:Naimonowa:20190212144327j:plain

 上はセメントを型から取り出したところの写真で、二つに割って、型をとった元の樹脂パーツを取り除き、お湯で柔らかくして(茶色の絵の具で)着色した材料(イロプラ)を挟み込んで、しばらく放置した。

 熱いお湯の鍋の中で何度もやり直したものの、なかなか上手く行かなかった。

 結局セメントを使うこの方法は諦めることになった。多分もっと上手な人ならうまくできたのだと思う。

 その後、後述する別の方法で磁石の数だけ元のパーツの代替品をこしらえた。

f:id:Naimonowa:20190212144845j:plain

 上が復元したパーツの一つを最終的に食器棚に取り付けた状態だ。お湯で柔らかくする樹脂の工作は初めてで、予想外に苦戦してしまった。

 普段は注目しない部分なのでこれで良しとした。ネジが切られているので調節可能で今もそのまま使えている。もう一度この作業をするかというと、あまり気がすすまないが、身近に売っていないものは他にどうしようもない。

 

2月15日追記 

f:id:Naimonowa:20190215083910j:plain

 これが実際に使った型で、2種類の材料を混合して固めるタイプの型取り用シリコーンゴム(一袋10g、粘土などを詰めて乾燥させるとの説明)を使った型の写真だ。固まるといってもふわふわしたままで心配だったが、「イロプラ」(お湯まるの類)も熱くて持てないくらいのときには充分柔らかくなるので、柔らかいもの同士でも作業ができた。右の写真のように左右に開いて型から固まったカップ状の樹脂を取り出すのも容易だった。これで何とか急場をしのぐことができた。

(終わり)

 

寒さにあてないものは(2)

冬蒔きの人参

 前回は畝に種を蒔いてトンネルを掛けたところまで書いたが、その後は気になりつつも時間が経つのを待つしかなかった。

 2週間近くたった本日、めでたく発芽した苗(但し、まだごく僅か)を確認できた。双葉が半分ひらくとYの字に見える。 

f:id:Naimonowa:20190202142312j:plain

 実は、前回記述したトンネル作りの後に、内部が12時間以上にわたって0度を下回ることが判明した。予想はしていたものの、曇天だと土が凍ってしまうことも考えられる。

 そこで、トンネル内にペットボトルを3本横倒しにして並べ、トンネルのビニールを二重にする対策をした。以前に同様のトンネルを用意したときには不織布のべた掛けをしたりして万全の体制を敷いたが、毎回のことなので今年は最小限の手間(と1年半経過した種)で成果がでるか否かを試したかった。

f:id:Naimonowa:20190202143135j:plain

 上はトンネルのビニールを2重にした後の様子だが、内側に新たに追加したものは食卓に掛けていたビニール半分と包装用の「プチプチ」を再利用したもので、見栄えは冴えない。

f:id:Naimonowa:20190202143431j:plain

 参考までに、計測していた内部の温度の昨日から本日11時までの24時間の推移をグラフにしてみた。夜間は0度以下の時間が10時間近くにもなるが、昼間に充分に温度が保てれば人参は発芽できることが分かった。尚、3月になると晴天のときに高温になり過ぎないよう注意が必要だ。